タスクスケジューラでファイルを自動バックアップする方法

タスクスケジューラはWindowsに搭載され、決められた時間または一定間隔でプログラムやスクリプトを自動実行する機能です。この記事では、タスクスケジューラを使用してファイルをバックアップする3つの方法を紹介します。

Windows標準バックアップツールのスケジュール設定が足りない

システムクラッシュ、ハードディスクの障害、ウイルス感染、盗難など、データ損失を起こす原因はいっぱいあります。Windowsはデータを守るために、様々なバックアップと回復オプションを提供します。

Windows 7ではシステムの復元ポイントを作成して以前のシステム状態とファイルのバージョンを維持することができます。また、バックアップと復元というツールもあり、システムとファイルを含めるイメージバックアップを作成することもできます。

Windows 8では、Microsoftは個人用ファイルの複数のバージョンをバックアップするためにファイル履歴というツールを導入しました。

Windows 10では、MicrosoftはOneDriveを追加し、データをクラウドストレージにバックアップすることができます。

これらの一部のバックアップオプションは自動バックアップのスケジュールを設定できますが、幾つかの制限があります。ほとんどの場合にはユーザーのニーズを満たすことができません。

こういう時、タスクスケジューラを使用することができます。これもWindowsに内蔵されている機能で、ファイルのバックアップなどタスクを定期的に繰り返し実行し、スケジュールされたバックアップをより柔軟な方法で自動実行することができます。

タスクスケジューラでフォルダの自動バックアップを構成する

1日、1週間、1カ月という単位でバックアップを実行する他に、指定したトリガーの条件を満たせば、タスクスケジューラはタスクを自動起動します。ここでは選択できるトリガーがたくさんあります。例えば、コンピューターがアイドル状態の時、ユーザーがログオンしている時、や特定のイベントが発生する時、タスクを自動実行します。

素晴らしくありませんか?次の手順に従って、スケジュールバックアップを設定してフォルダやシステムのフルバックアップを取りましょう。

手順 1. Windows + Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」画面を開きます。「taskschd.msc」と入力し、Enterを押してタスクスケジューラを開きます。

ファイル名を指定して実行

補足:コントロール パネル→システムとセキュリティ→管理ツール→タスクのスケジュールからタスクスケジューラにアクセスすることもできます。

管理ツール

手順 2. 「タスク スケジューラ ライブラリ」フォルダを選択してから、「タスクの作成」をクリックして設定を始めます。

タスクの作成

手順 3. 「全般」でタスクの名前を付け、説明を入力します。必要があれば、「ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行する」オプションにチェックを入れることもできます。

全般

手順 4. 「トリガー」タブで「新規」をクリックして新しいトリガーを作成します。必要に応じて、1つのトリガーを追加することができます。パソコン起動時にバックアップを実行したい場合、「スタートアップ時」を選択して「OK」をクリックすればいいです。

スタートアップ時

手順 5. 「操作」タブで「新規」をクリックして新しい操作を追加します。プログラム/スクリプトボックスに「wbadmin」と入力し、引数の追加(オプション)ボックスに「start backup -backupTarget:F: –include:C:\Users\My documents」と入力します。バックアップに他のファイルを含みたい場合、WBadminのコマンドラインのパラメーターを変更すればいいです。例えば、システムイメージをバックアップに追加したい場合、「-allcritical」オプションを指定するといいです。

操作

手順 6.「OK」をクリックし、「タスクスケジューラ」画面に戻ります。設定したスケジュールのタスクがタスクスケジューラライブラリに追加・表示されます。スケジュールしたとおりにタスクが実行されるか確認してください。

ノート:システムイメージのバックアップだけでなく、ファイルも重要なんです。Windows 10/8/7でシステム復元ポイントはシステムの状態をバックアップするほかに、ファイルのバージョンも保存するため、それらを以前のバージョンに復元することができます。でも、復元ポイントの作成間隔が長すぎると思ったら、タスクスケジューラを使用してシステム復元ポイントを作成することもできます。

タスクスケジューラで以前のバージョンのカスタム頻度を変更する

Windows 7/8/10でシステムの保護を有効にすると、復元ポイントの作成タスクはタスクスケジューラに追加されます。タスクスケジューラライブラリ→Microsoft→Windows→SystemRestoreを順にクリックして、それを見つけることができます。「SR」という名前のタスクをダブルクリックして編集することができます。トリガーを変更するか、または新しいトリガーを追加することができます。

タスクスケジューラでファイルを自動バックアップする高度な方法

Windowsは多くのバックアップ&復元機能を提供しますが、それらは幾つかの制限があります。例えば、WindowsのバックアップはNTFSでフォーマットされたボリュームだけを保護します。内蔵されているバックアップ機能が好きではないなら、無料のバックアップソフトAOMEI Backupper Standardをお勧めします。

AOMEI Backupperはファイル、システムとHDD/SSD全体を圧縮されたイメージファイルにバックアップします。自動バックアップをスケジュールするためのオプションが多くあります。また、タスクスケジューラを使用してバックアップを実行することもできます。

Windows 7/8/10でフォルダを自動バックアップするように設定しましょう。

手順 1. このバックアップフリーソフトをコンピューターにダウンロードして実行します。「バックアップ」→「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップ

手順 2. 「1」で「ファイルを追加」をクリックしてファイルを選びます。或いは、「フォルダを追加」をクリックしてフォルダを選びます。

ファイルを追加

手順 3. 「2」をクリックしてイメージバックアップを保存する場所を選択します。「スケジュール」をクリックすると、デイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガーなどを含む多くのオプションが表示されます。ここでは、このバックアップタスクを上述のように設定しましょう。「イベントトリガー」を選択して「システム起動」オプションにチェックを入れます。

イベントトリガー

注:イベントトリガーの場合、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります。

手順 4. このフリーソフトを使用してスケジュールされたバックアップを処理したい場合、「はい」をクリックして、次の手順に進みます。タスクスケジューラでこのバックアップを実行したい場合、「詳細」タブをクリックし、タスクスケジューラを使用してこのタスクを実行することを選択できます。

タスクスケジューラを使用

手順 5. 「開始」をクリックしてこのファイルバックアップを始めます。

開始

手順 6. タスクスケジューラに移動して、このタスクを見つけることができます。必要があれば、タスクスケジューラでそれを編集することもできます。

その後、「ユーティリティ」タブの「ブータブルメディアの作成」を利用して起動可能なメディアを作成し、Windowsが起動できなくなる時、これを使用してファイルを復元することができます。バックアップと復元のほかに、このソフトウェアはデータを保護するためにリアルタイム同期タスクを作成、クラウドストレージへのバックアップをスケジュール、HDDを別のHDDやSSDにクローンすることもできます。

以上はタスクスケジューラを使用してファイルをバックアップする3つの方法です。どちらのほうが好きですか?好みにより、1つを選択することができます。