沢山の容量を取らずにバックアップする

HDDの容量が足りなくなってバックアップに失敗したことはありますか?AOMEI Backupperはバックアップに伴い容量問題を解決できる為、手間を省けてバックアップします。

HDDの容量が少ないためバックアップが失敗する

ディスクの空き容量が足りなくて、バックアップ所要の領域がないので、バックアップできないという問題に遭ったことありますか。ある使用者が最近こういう悩みを抱えています。いつもバックアップのイメージをEドライブに保存していったが、Eドライブの空き領域がわずか208KBしかありません。勿論、こんな状態ではバックアップできません。「Eドライブの空き領域が不足、バックアップできません。」というエラーメッセージも出ました。

この時の解決策

バックアップファイルを格納するディスクの空き領域が少なくなり、ディスクには十分な空き容量がなくバックアップできません。こういう問題は特にスケジュールバックアップを行っている場合によく発生します。毎日か毎週自動的にバックアップし、イメージファイルがどんどん作成されて保存します。容量の上限があるので、いつの間にディスクが一杯になります。古いイメージファイルを削除して、空き領域を作成したいの。いいアイディアですね。しかし、これは本当につらいなので、数えきれないフィアルの中に該当のファイルを検索して削除するのは面倒極まることです。幸いに、AOMEI Backupperは自動的に古いイメージファイルを削除できます。

AOMEI Backupperは強力なバックアップツールとして、バックアップだけではなく、作成されたバックアップファイルを管理して、ディスクの容量をあまり占め過ぎないことを保ちます:

  • 次回のバックアップが完了してから、指定した日にち、週数、月数または年数を越えたフルバックアップとそれに関連する増分/差分バックアップのファイルを自動的に削除します。
  • フルバックアップとそれに関連する増分/差分バックアップのファイルの最大数を指定して、次のバックアップが完了した直後に設定より余分のバックアップファイルを削除します。

この機能はAOMEI Backupperのプロ版サーバー版またはテクニシャン版が対応しています。

バックアップファイルの自動削除を設定

AOMEI BackupperはWindows XP/Vista/7/8/8.1/10全部サポートしています。簡単にダウンロードして、インストールします。バックアップのファイルを自動的に管理するのは下記の手順に従って設定します。

手順

1. AOMEI Backupperを開いて、左のバックアップをクリックして、ファイルバックアップsを選択します。

Backupper

2. 1と2のところでバックアップしようとるファイルかフォルダを選択してからバックアップファイルを保存する場所を選択します。

ファイルバックアップ

3. ウインドウの下には3つのオプションが有る。「オプション」はバックアップの詳しい設定を行えます。例えば、コメントを追加、イメージファイルの圧縮と分割などの機能です。「スケジュール」は文字通り、バックアップを毎日、毎週や毎月自動的に行え、しかも増分か差分のバックアップ方法を選択できます。「スキーム」はこの記事の中心であり、クリックしてウインドウを開いて、「ディスクスペースの管理を有効にする」をチェックします。必要に応じて、最適のスキームを選択して、設定を行ってから、

はい

をクリックします。

スキーム

最後に、「開始」をクリックして、操作を始めます。