Excelファイルを自動的にバックアップする方法

この記事では、MacroとAOMEI Backupperを使ってExcelファイルを別の場所にバックアップする方法を紹介します。

Excelは、計算、研究、チャート内のデータの視覚化、データ管理、データ分析を行うために使用されます。仕事や学習に広く使われています。Excelファイルのバックアップを作成しないと、誤ってファイルを削除したり変更したりすると、大変なことになる可能性があります。

Excelファイルの自動バックアップを作成する方法

手順 1. 「ファイル」>「名前を付けて保存」に進みます。

手順 2. Excel 2016では、保存場所の下にある「その他のオプション」をクリックします。以前のバージョンは「これをスキップする」をクリックします。

手順 3. 「名前を付けて保存」ダイアログボックスの「ツール」ボタンをクリックし、「一般オプション」をクリックします。

手順 4. 「常にバックアップを作成する」の横にあるチェックボックスをオンにします。

自動作成バックアップ

バックアップコピーが元のフォルダと同じフォルダに保存されていることに注意してください。ハードディスク障害またはウイルス攻撃を受けた場合、2つのファイルを同時に失う可能性があります。したがって、Excelファイルを別の場所にバックアップする方がよいでしょう。1つのバックアップが失われた場合は、少なくとも前の状態に戻すバックアップがもう1つあります。

次に、私は別の場所にExcelファイルをバックアップする2つの方法を紹介します。1つはマクロを使用し、もう1つはサードパーティ製ツールAOMEI Backupperを使用しています。

マクロを使用してExcelファイルを別の場所にバックアップ

Excelマクロは、VBAコードと呼ばれるものに格納された一連のプログラミング命令です。これは、頻繁に実行されるタスクのステップを何度も何度も繰り返す必要性を排除するために使用できます。

手順 1. まず、マクロを有効にする必要があります。Excelを開き、「ファイル」>「オプション」>「リボンのユーザー設定」および「メイン タブ」の下の「開発」チェックボックスをオンにすると、タブリストの最後に開発タブが表示されます。

手順 2. マクロを有効にしたら、「Alt+F11」キーを押してMicrosoft Visual Basic for Applicationsウィンドウを開きます。

手順 3. 「挿入」>「モジュール」をクリックし、下のコードをモジュールスクリプトに貼り付けます。

Sub SaveToLocations()

UpdateByExtendoffice20160623

ActiveWorkbook.SaveCopyAs "C:\Users\DT168\Documents\" + ActiveWorkbook.Name

ActiveWorkbook.SaveCopyAs "C:\Users\DT168\" + ActiveWorkbook.Name

ActiveWorkbook.Save

End Sub

ヒント:マクロコードでは、必要に応じて保存パスを変更することができます。

手順 4. F5キーを押してコードを実行すると、アクティブブックがコードで指定した場所に保存されました。

AOMEI Backupperを使用してExcelファイルを別の場所にバックアップ

別の場所にExcelファイルをバックアップするもう一つの簡単な方法もあります。

AOMEI Backupperは、データセキュリティのために設計された信頼性の高いソフトウェアです。システム、パーティション、ハードディスク、ファイルとフォルダを外付けHDD、クラウドドライブ、NAS、CD/DVD、内蔵HDDなどにバックアップするために使用できます。

ファイルバックアップ機能を使用して特定のファイルまたはフォルダをバックアップすることができます。フィルタ設定では、特定の種類のファイルをバックアップできます。最も重要な点は、毎日、毎週、毎月、イベントトリガー、リアルタイム同期の5つのモードに基づいて自動バックアップをスケジュールできることです。

このソフトウェアは、Windows 10/8/9/XP/Visaを含むWindowsシステムで使用でき、NTFS、FAT32、FAT16、EX2、EXT3などのファイルシステムのほとんどすべてをサポートしています。

Excelファイルをバックアップするには、まずAOMEI Backupperをダウンロードドしてください。USBメモリを例にとって、ファイルをフラッシュドライブにバックアップする方法を見てみましょう。

手順 1. AOMEI Backupperを開き、メインインターフェースで、「バックアップ」をクリックし、「ファイルバックアップ」を選択します。

手順 2. 次のウィンドウで、「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックします。

ファイルバックアップ

手順 3. 次に、新しいウィンドウがポップアップし、「ブラウズ」をクリックして、バックアップするExcelファイルを選択します。

「フォルダの追加」を選択した場合は、「フィルタオプション」をクリックすると、特定のファイル拡張子を設定するための詳細が表示されます。「ファイル包含マスク」にファイル拡張子「* .xls」を入力します。

フィルタ設定

「ファイルの除外マスク」と「フォルダの除外マスク」もあります。2つのボックスを必要に応じてチェックすることができます。すべての設定が完了したら、「はい」をクリックして「ファイルバックアップ」インターフェイスに戻ります。

手順 4. USBメモリを宛先パスとして選択します。ハードディスクの故障やシステムクラッシュなどの致命的なイベントからのデータ損失を防ぐため、元の場所から別の場所にExcelファイルをバックアップすることができます。Excelファイルを外付けHDDまたはNASにバックアップすることをお勧めします。

私のファイルのバックアップ

手順 5. Excelファイルを自動的にバックアップするには、「スケジュール」をクリックし、5つのモードからバックアップモード1つを選択します。「はい」をクリックします。

スケジュールバックアップ

ヒント:デフォルトでは、省スペースのため増分バックアップが実行されます。完全バックアップまたは差分バックアップを作成する場合は、「スケジュール時にアドバンス」をクリックして、スケジュールされたバックアップを実行する方法を変更します。

クリックしてより高度な設定を行うことができるバックアップオプションとスキームもあります。

バックアップオプション:バックアップオプションをクリックすると、バックアップを暗号化して電子メール通知を有効にすることができます。

スキーム:バックアップドライブの容量が不足しないようにするには、スキームをクリックして、バックアップ数が一定値に達したときに古いバックアップの自動削除を設定します。

手順 5. これが完了したら、「開始」をクリックします。

リアルタイムで変更を監視し、継続的なデータ保護を作成したい場合は、ファイル同期機能をリアルタイム同期モードで使用できます。

まとめ

誤った削除や変更からファイルを保護するには、Excelファイルの自動バックアップを作成する必要があります。しかし、ハードディスク障害やシステムクラッシュなどの災害からファイルを保護する場合は、ソースファイルとは別の場所にExcelファイルをバックアップする必要があります。

上記のように、AOMEI Backupperは多くのストレージデバイスをサポートしていますので、実際の状況に基づいて自由に選択できます。