​ネットワークで全てのパソコンをバックアップする方法〈フリー〉

データ消失を引き起こす原因は多いです。データ紛失に備えるために、全てのパソコンをバックアップする必要があります。全てのPCは同じネットワーク内にある場合、バックアップフリーソフトを使用して家庭内、社内におけるローカルネットワーク(LAN)内のPCを全てバックアップできます。

ネットワーク上の全てのパソコンをバックアップする理由

ほとんどのユーザーはノートパソコンまたはデスクトップパソコンに大切なデータを保存します。彼らはデータバックアップの重要性を理解できるかな?もし、あなたはある学校、会社或いは他の組織の管理員なら、団体のデータセキュリティに対して責任を負う必要があるでしょう。こういう場合、グループのメンバーにバックアップを作成させる他に、あなたも同じネットワーク内の全てのPCをバックアップすべきです。

同じネットワーク上のパソコンを全てバックアップする方法について、何か聞いた事あるはずです。でも、それらの方法が複雑すぎて、わかりにくいことが多いでしょう。しかも長い時間を費やします。もし、ネットワーク上で大量のパソコンをバックアップする必要があるなら、事情がもっと面倒になって困ります。

同一ネットワーク(LAN)上にある全てのパソコンを楽にバックアップできるフリーソフトがあるでしょうか?

ネットワーク上の全てのPCをバックアップするためのフリーソフト

AOMEI Backupper Networkはそういう​集中管理型バックアップソフトで、簡単な設定手順で同じネットワーク内の全てのパソコンをバックアップできます。これを使用すると、ネットワーク上のノートパソコン/デスクトップパソコン/Windows server/仮想マシンを共有フォルダーやNAS上にバックアップできます。

バックアップを設定してから、スケジュールを作成して全てのパソコンを自動的にバックアップすることもできます。このフリーソフトはWindows 10/8/7に対応するので、全てのクライアントコンピューターをバックアップするためにWindows Serverを購入する必要がありません。

AOMEI Backupper Networkには多くの便利な機能を備えています:

自動スキャン&インストール

管理用のパソコンに​この集中管理型バックアップソフトをインストールしたら、それはネットワーク上の全てのパソコンを自動的にスキャンして、一覧表示します。

全てのクライアントPCにバックアップソフトをインストールできるので、従業員にひとつずつインストールさせる必要がありません。処理中にユーザー名とパスワードを入力するだけでいいです。そして、ネットワーク上の全てのパソコンからアクセス許可を得ることができます。

クライアントPCをグループ化できる

全てのパソコンをいくつかのグループに分けて異なるバックアップスキームを行うことができます。例えば、一部のクライアンパソコンでバックアップをより頻繁に取って欲しいですが、他のクライアントパソコンでそんなに頻繁なバックアップを実行して欲しくない場合、この機能は非常に役立ちます。

豊富なバックアップ設定

自分の好みやニーズにより、バックアップをカスタマイズできます。例えば、コメントを追加できる、パスワードでバックアップイメージを暗号化できる、バックアップの圧縮レベルを選択できる、バックアップイメージを分割できるなど。

ホットバックアップ

手動でバックアップを開始する場合、やスケジュールされたバックアップがトリガーされる場合、バックアップはバックグラウンドで実行されるので、クライアントコンピュータに影響を及ぼしません。VSS技術のおかげで、全てのターゲットファイルが開いた状態のままバックアップされることもできます。

ネットワーク上の全てのPCをバックアップする方法

このフリーソフトを使用して家庭内、社内のネットワーク(LAN)で全てのパソコンをバックアップできます。次の手順を参考して全てのPCのバックアップを取ってください:

ステップ 1. バックアップフリーソフトAOMEI Backupper Networkをダウンロードしてインストールします。

ステップ 2. 起動した後、主な画面で「Computers」タブの「Install client program」をクリックして同じネットワーク内の全てのパソコンにクライアント用の無料バックアップソフトをインストールします。全てのパソコンに手動でAOMEI Backupperをインストールすることも選択できます。

クライアントプログラムをインストール

ステップ 3. このソフトウェアを手動でインストールしようとする場合、右下にある「Request Control」チェックボックスにチェックを入れてクライアントコンピュータからアクセス権を取得する必要があります。ユーザー名とパスワードをシンプルに入力することで制御権を得ることができます。

制御権を得る

ステップ 4. 「Task」タブをクリックしてバックアップに含めたいことにより、「System Backup」、「Partition Backup」、「 Disk Backup」を選択します。この例でシステムバックアップを取りましょう。

システムバックアップ

ステップ 5. 次の画面で「Add Computers」をクリックしてネットワーク上でバックアップしたいパソコンを選択します。

コンピューターを追加

ステップ 6. 「System Backup」の場合、「Step2」を直接クリックしてバックアップファイルを保存するネットワーク場所を指定するだけでいいです。

バックアップ先

ステップ 7. 「Schedule」をクリックすると、スケジュールを立てて選択されたデータを自動的にバックアップできます。その後、「OK」→「Start Backup」をクリックしてこのバックアップタスクを実行するか、又はこのスケジュールされたタスクを追加します。

スケジュールバックアップ

ご覧のように、AOMEI Backupper Networkを使用したらネットワーク内の全てのパソコンをバックアップするのはとても簡単になるでしょう。スケジュールされたバックアップはデフォルトで増分バックアップとして実行されています。そうすると、ディスク容量とバックアップ時間を節約できます。

もし、ある日その中の1つのパソコンがクラッシュするなら、短い時間でシステムを復元することができます。Windows再インストールとデータ移行、どちらも必要なく、バックアップを異なるハードウェアに復元できます。