バックアップ後にWindows 7を自動シャットダウン

Windows 7をバックアップ後の自動シャットダウンにより、ユーザーがパソコンのそばにいなくてもバックアップタスクを自動的に完了してシャットダウンします。とても便利な機能なので、AOMEI Backupperを使って試しましょう。

ユーザーからの質問

バックアップが終わったらWindows 7を自動にシャットダウンということを実現できますか。眠りに入る前にバックアップを開始したい、バックアップが完了する後パソコンが無駄に動作せず、すぐシャットダウンさせる方法とツールがありますか。

もちろん解決策があります

Windowsの組み込みツールを使用してWindows 7を自動シャットダウンを設定します。

あいにくWindows 7のバックアップツールにそういう自動シャットダウン機能が欠如します。但し、Windowsのスケジュールタスク機能を使って間接的にバックアップ後の自動シャットダウンを実現できます。では、下記の手順に従ってスケジュールタスクを作成します。

1. Windowsの検索ボックスタスク スケジュールを入力して、Enterを押します。

2.右側の操作パネルに基本タスクの作成をクリックして、タスクの名前と説明を入力します。次へをクリックして次の画面へ進みます。

3. トリガーのウインドウに特定イベントのログへの記録時をタスク開始の触発条件として選択して次へをクリックします。

4. ログのプルダウンリストにMicrosoft-Windows-Backup/Operationalを選択します。次に、Backupをソースとして選択します。最後に、4098をイベント IDとして入力して次へをクリックします。

5.プログラムの開始を選択して、次へをクリックします。

6. 参照をクリックして。C:\Windows\System32\shutdown.exeを選択します。引数の箇所に/sを入力します。

7. 次へをクリックして、最後のウインドウで完了をクリックします。

これで、「スタード→コントロールパネル→バックアップと復元→システムイメージの作成」より、ウィザードの案内に従って、Windows 7をバックアップします。

とても複雑な流れではないでしょうか。しかもこれらの組み込むツールの欠点により、沢山の手順を踏んでもバックアップまたはシャットダウンが失敗しかねません。

AOMEI Backupper Standardを使ってバックアップ後にパソコンを自動シャットダウンします

面倒な設定を繰り返し、理解しにくい操作があちこちにある。Windowsは明らかにこのタスクに適していません。こういう場合は頼もしいサードパーティソフトウェアが必要です。AOMEI Backupper Standard

は人気の専門バックアップフリーソフトです。無料のバックアップツールとして、素人でも簡単に把握できます。データをうまくバックアップはもちろん、幾つかの強力な機能が付属しています。バックアップを行う時に、完了後の自動シャットダウンが設定できます。

AOMEI Backupper Standardを使ってシステムを外付けHDDへバックアップし、自動シャットダウンを設定する手順:

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードしてインストールします。バックアップ用の外付けHDDをパソコンに接続して、AOMEI Backupper Standardを開きます。バックアップタグをクリックしてシステムバックアップを選択します。

システムバックアップ

2. システムパーティション(Cドライブ)が既に自動に選択されたから、「2」をクリックしてバックアップイメージファイルを保存したい場所を指定し、ここはFドライブの外付けHDDを選択します。

保存先を指定

3. 開始をクリックして、バックアップ作業を実行します。進行状況のウインドウの下にある「完了した時 PCをシャットダウン」をチェックすると、バックアップ後の自動シャットダウンという需要を満たせます。

自動シャットダウン

まとめ:2つの方法を試してみると、AOMEI Backupper Standardは明らかに簡単かつ快速です。バックアップしてからシャットダウンしたいなら、ぜびこのフリーソフトを使いましょう。